お知らせ 以前お会いしたお客様と、こんなやりとりがありました。


そのお客様は多発性の円形脱毛症の方で、医療用かつらを緊急でお買い上げになり、自分にピッタリにするためにオーダーメイドのかつら製作のご希望。

ご相談内容をお伺いしている中で、日頃のお手入れ方法の話題になり、市販の育毛系の高級シャンプーで洗髪されているのに抜け毛が減らないとのことでした。

そこで、スタッフが普段使用している無添加の石鹸成分の安価なシャンプーをご提案したところ、2か月後、次のご来店の際に、”実践してみたらコシのある髪が生えてきた!”とのご報告が(^^)


最近は発毛効果を謳ったシャンプーや育毛剤など市販の商品も多く普及するようになりましたが、今回のお話のように、発毛・育毛を謳った商品より、無添加で安全な成分の商品のほうが髪や頭皮に余計な刺激を与えず、結果的に脱毛対策になる場合もあります。
(※個人差があります)


円形脱毛症の原因は、ストレス、ホルモン、自己免疫の問題・・・等々、人それぞれ。

市販の商品や自己判断での対策は、改善されないばかりか、場合によっては逆効果になることも。。。

抜け毛や頭皮が気になる際は、専門医などにご相談されるほうが回復への早道ですよ(^^)

皮膚科の先生も、パーマカラーは絶対しないように指導されています。
煙草も絶対良くないそうです。血管をきゅーっと小さくして血液の通り悪くなり、頭皮に栄養が行かなくなるからだそうです。

髪がつやつやしっとり系になるシャンプー&リンスコンディショナーも頭皮には良くない成分が含まれていることが多いので、ご病気の最中はお使いにならないほうが賢明です。
たくさんの成分表示のあるものを敢えて使わないようにしましょう。

貧血状態の長い方も抜け毛の原因になりますので、貧血を直すように、食事に気を付けて過ごしましょう。タンパク質と鉄分の多い食事が有効だそうです。




(補足)

ちなみに、髪はPHがアルカリ性に傾くとキューティクルが開き、酸性に傾くと閉じる性質を持っています。

石鹸成分のシャンプーはアルカリ性。

そのままではキューティクルが開きっぱなしになってしまうので髪がごわごわになります。
石鹸シャンプーを使われる場合は、その後に酸性の酢酸リンスを付けてキューティクルを閉じることをお忘れなく(^^)
過去のお知らせ一覧
メディカルクイック携帯サイト