お知らせ 円形脱毛症で注意すべきこと


円形脱毛症の原因は、昔はストレスが原因だとされていましたが、最近ではそれに加えて自己免疫疾患説など、種々の説があるようです。

原因は様々だと思いますが、円形脱毛症になり、びっくりしてショックを受けたりしている方も多くいらっしゃるかと思います。

脱毛部分が気になり、鏡で常に確認してみたり、触ったり、毛を引っ張ってみたり・・・。

その様なことを色々されてしまう方が非常に多いのですが、そうすることにより、更なる心理的ストレスを生み出してしまうことがありますので、注意が必要です。


過去に円形脱毛症を克服した方にお話しを伺うと、以下のようなアドバイスをいただきました。



1.掻かない

生え始めはどうしても痒みが発生しますが、だからといって脱毛部分を掻いてしまうと、折角生えかけていた数ミリの毛が抜けてしまうことがあるようです。

特に注意しなければならないことは、爪をつかって掻かないようにすること。毛が爪で削り取られてしまうことがあるそうなので注意しましょう。



2.鏡で常にチェックするのをやめる

気になってチェックしてしまいがちですが、脱毛部を見ると気になり、気になると触ってしまいます。触ったときに脱毛部を傷つけてしまうおそれもありますので、触らないようにしましょう。

また、気にするあまり気持ちが落ち込んで更なるストレスを生んでしまい、悪循環になってしまうこともあります。



3.触らない

2と重複しますが、脱毛部だけでなくその周辺の髪を触らないようにすることも大切です。

周辺の髪を触ったり引っ張ったりしていると、抜けてしまうことがありますが、その抜けた毛によりショックを受けてしまう方もいらっしゃるようです。



4.ストレスをためない

精神的なストレスだけでなく、喫煙や飲酒などの外的な要因もストレスとなる場合がありますので注意が必要です。

また、難しいかもしれませんが、できるだけ円形脱毛症のことは忘れるように心がけることも必要なよう。

円形脱毛症だということを人に知られたくない、でも実はみんな気付いているのではないか、という気持ちが恐怖感を生み、それがストレスになってしまうことも。

そういった場合には医療用のウィッグや、脱毛部をカバーするヘアピース等を利用することにより少し心にゆとりを持つことができるのでおすすめです。



等々。また、精神的ストレスについては、思い切って環境を変えてみてもいいかもしれませんね。


克服出来るまでに時間がかかることもありますが、焦らずゆったりした気持ちで、治療を頑張って下さい。 ^^


過去のお知らせ一覧
メディカルクイック携帯サイト