お知らせ 医療用かつらは、健康保険の適用がされないのですか?

と、よくご質問があります。

適用になる場合とならない場合があります。

医療保険の適用がある場合・・・・

脳腫瘍や外傷などの頭部の手術などで、頭蓋骨を切除した方や、陥没部分がある方、てんかんのある方は、頭部を守るプロテクターの意味で、かつらに対して保険適用がなされます。

医療保険の適用がない場合・・・・

抗がん剤治療や、円形脱毛、膠原病などで脱毛した方の場合、かつらそのものが治療器具とは認められないため、現在の保険制度では、残念ながら保険適用がされません。


それでは、任意の個人で入る医療保険やがん保険では、かつら代金がでないのでしょうか?

ここ最近の保険では、医療保険やがん保険の中で、かつら代金が出る特約があるものが出てきています。
損害保険の商品では、治療にかかった金額を全部保証するタイプの実費型の医療保険商品の中にかつらも適用されるものが出てきています。

保険会社に問合せしてみてください。
過去のお知らせ一覧
メディカルクイック携帯サイト