お知らせ

ウィッグのとめかたについて




2013,09,09


ウィッグを頭に装着する際のとめ方について相談を受けました。

・アンダーネットをかぶっています。

・ピンをフロントに1か所のみ装着して、かつらをとめています。サイドのほうもそうしようとしたけどうまくできなかったです。

・両面テープは使用してないのですが、自毛が生えてないところに使えますか?

・肌がかなり弱いですけど、かぶれたりしないでしょうか?毎日両面テープを使用しますが肌の負担になりますか?

というようなご質問でした。


お肌が弱いということで、このような使用方法をされていることとと思います。

まず両面テープは、医療用のテープで実績のあるものを販売していますので、普通の人には影響がある場合はほとんどないと思います。

ただしお肌がかなり弱いということですので、お肌に異常がでたりしたらご使用はおやめください・・というアドバイスになります。

両面テープだけでなくウィッグ自体でお肌に影響があったお客さまも過去に1件のみございました。

いずれにしても、ウィッグを装着することでお肌になんらなの異常が出た場合には、ウィッグの使用をおやめいただき医師の診断をお受けください<(_ _)>

もちろん両面テープの場合も同様です。


また両面テープは、基本的に髪が生えていないところに使用するものです。

その際にはウィッグの素材で両面テープがつくようになっている部分・・メディカルクイックであればフロント部分やもみあげ部分、タイプによってはネープ部分・・

そのような部分に両面テープをお使いください。


最初は難しいようでもすぐに慣れてくると思います。練習してくださいね。

お肌に影響がなければ良いですね・・・
過去のお知らせ一覧
メディカルクイック携帯サイト